*

お母さん、生んでくれてありがとう

公開日: : 泣ける話

Pocket

母が死んで今日で一年とちょっと。
高齢出産だったこともあって、俺の同年代の
友達の親と比べると明らかに年くってた。
俺が「なんでもっと若く生んでくれなかったの!?」
と責めたこともあった。
俺が思春期のころとにかく心配性な母がうざいのと、
親父には恐くて何も言えなかったから何でもかんでも
母に当たってた。
たくさん文句言って寝ようと自分の部屋に入ったとき
母のすすり泣く声が聞こえたときは自分の不甲斐なさ
に気付き俺も泣いた。
お母さんが死ぬ時っていつか来るってわかってた。
でも気付いてからは遅いんだよね。
そんな俺も今年で23才になる。
20才を迎えたくらいから親孝行したいなって思って
高齢出産だった母に孫の顔を見せてあげたいなって
思ってた。
それで、先月生理来ない彼女が病院行ったら子供が
出来てたよ。お母さん。
無事に生まれてくれたらいいな。
俺を生んでくれてありがとう。
高齢出産だったから辛かったろう。
でも孫の顔見せてあげたかったな。
抱かせてあげたかったな。
でももうお母さんの笑顔見れないんだよね。
あの笑い声ももう聞けないんだよね。
でも俺少しは一人前の大人になったよ。
学歴も無いし給料安いけどついに家庭を持つよ。
こんな幸せなことってなかなか無いよね。
俺の子供にはお母さんからもらった優しさを
少しでも分けてあげたい。
休みの日は子供といっぱい遊ぶ。
俺が小さい頃のお母さんよりは動けると思うよ。
なんたってまだ俺若いからね。
お母さんが死ぬ前日に俺に言った言葉。
「今日はお風呂入ってもう寝なさい」
あの時寝なきゃ良かったな。今でも思うよ。
一晩中話しとけば良かったよ。
なんで死んじゃうんだよ。
お母さん。もっといっぱい甘えとけば良かった。
もっといっぱい話したかった。
旅行に連れて行ってあげたかった。
それで美味しい物いっぱい食べさせてあげたかった。
次の日冷たい体に抱きしめても、声かけても何も
返って来なかったよ。
お母さん、天国から俺の事見える?
俺の事もう心配しなくていいからね。
子供の名前何にしようかな。
お母さんだったらどうする?
明日仕事休みだから彼女とお墓参り行くよ。
最後に生きてるとき言いたかったけど言えなかった言葉。
「お母さん、生んでくれてありがとう」
 
z00669

AD googleアドセンス

関連記事

ばあちゃん

子どもの頃夏休みになる度に母方のばあちゃん家に遊びに行っていた。 ばあちゃん家は車で2時間くら

記事を読む

母の温もりを知りません

わたしは、母の温もりを知りません。 かすかに覚えていることは、母が出ていく前の夜のこと。 当

記事を読む

ママ、あたしね

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。 ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。

記事を読む

突発性難聴と診断された妻

昨年、突発性難聴と診断された妻。 病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、とうとう先週「このま

記事を読む

【過去からの手紙】

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなって五年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫ったこ

記事を読む

ピザじゃない!

友人が居酒屋にイタリア人の友達を連れてきた。 飲み進むうちに食べ物を追加しようという話になり、

記事を読む

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 「忙しいから駄目。

記事を読む

花瓶の水 「ついてもいい嘘」と「言ってはいけない真実」

ある田舎町の学校に、東京からひとりの女の子が転校してきました。    都会からの転校生に田舎の生

記事を読む

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたの

記事を読む

一年が暮れようとしていた

一年が暮れようとしていた。 夕方頃、飲食店の入り口が開いたと思ったら、ひとりの女の子が妹と

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑