*

父親の娘への愛情

公開日: : 最終更新日:2015/01/02 ちょっといい話

Pocket

私がまだ若かった頃の話・・
17歳だったかな・・・
その頃には親公認で煙草、酒・・
子供の頃から
「人の物は絶対に手を出しちゃいけない!」
と言われ続けたので
万引きには手を染めず済んだ
「人に迷惑をかけるな!
 それ以外なら何をしたっていい!
 
 何だって経験だから・・・」
私が少しヤンチャになった頃、父に言われた
私は親の言う事を聞かない
だから、そこは諦めて
窮屈にさせずにいてくれた
私には女の子特有の
「お父さんが嫌い!!」の時期が無い
嫌いになる原因が無かった
カッコよくて
優しくて
絶対に守ってくれる・・
私の事を世界で1番愛してくれている!!
という自信もあった
なので、嫌いになんかならなかった
むしろ大好き
話は戻る・・・17歳の夏
真夜中に帰ってきたり・・
帰ってこなかったりの娘
だからと言って
特に悪い事をしている訳ではなかった
友達の家で朝まで、しゃべったり・・・
たまーーーーに、
町に出たりはしていたものの
彼氏は欲しいがナンパ等の
つまらない男の子達には興味も無かった
ある日父から
「麗子たまには、お父さんと飲みに行こう
 何でも好きな物食べて
 何処でも連れて行ってやる
 チョットおしゃれしてこい」
と言われた
面倒のような気もしたが、
その頃、夜の街に興味も有り出掛けた
町に出る車中で父が言った
「今日はトコトン飲むぞ!!
 もうダメって程 飲め
 
 お父さんが責任持つからな
 アホみたいに飲もうぜ」
おいおい いいのかよ・・・
お母さんに怒られるぞ~
などと思ったがお父さんが
責任持つんだからいいか・・・
1軒目 父行きつけの串焼き屋に到着
女将の「みっちゃん(父)が彼女連れて
 来ちゃったかと思ったよ~」の1言で
気を良くした父は2軒目から
彼女だって事にしろよ!
と完全に舞い上がった様子
二人でかなり飲み店を後にする
2軒目 父の行きつけのクラブに到着
父のご指名の女の人に
「娘さんでしょ?」とアッサリ見破られるも、
これまた上機嫌
「俺に似てるんだよなぁ・・
 目が似てるからなぁ・・」
要らぬ説明をし、嬉しそうに飲み続ける
3軒目 父の行きつけの寿司屋に到着
大将に「いいなぁ娘と一緒に飲みに行くなんて
 幸せだねぇ。親父の夢だよなぁ」
等言われ、またもやご満悦
「好きなもん喰えよ!
 
 たまにしか一緒に来ないんだから」
と父初めてじゃん・・・小さな見栄。。張ったな。。。
4軒目 父行きつけの居酒屋
この辺はもう覚えていない・・
何を飲んだかも・・話の内容も・・
5軒目 父行きつけのスナック
まったく覚えが無い
カウンターにつっぷしダウン
父はタクシーを呼び私を背負ってくれた
この時一時的に意識を取り戻し
「気持ちいいなぁ・・お父さんゴメンね
 酔っ払っちゃった」
「いいよ。寝てろ」
朝、目覚めると
部屋のベットに寝かされていた
父と顔を合わせるのが気まずい・・・
リビングに行くと父はもう出掛けていた
母に広告の裏に書いた手紙を渡された
「麗子へ
 
 昨日は楽しかったな
 また、行きたいよ。また一緒に行こうな
 昨日、麗子が飲んで
 グロッキーした酒の量はわかるか?
 ビール2杯、チュウハイ5杯、・・・・。
 それが、お前の量だぞ
 今度、誰かと飲みに行っても、
 その量の手前で帰ってこい
 世の中はいい奴ばかりじゃない
 騙してどっかに連れて行かれたら
 お父さんは守ってやれないから
 だから、お前の量を
 教えようと思ったんだ
 必ず守ってくれよ
 お父さん信じてるけどな・・・
           お父さんより」
涙が出るのを必死で堪え朝食を食べた
母が、お父さんはずっと心配していた・・
でもどういう風に
伝えたらいいか悩んでた・・
縛ってもいけない。
あの子は、そういう子だから
縛ったら帰らなくなる子だから・・・
今思えば、
あの頃本当に心配だったと思う
好き勝手な事をして遊んでいたから・・・
ありがとう。お父さん
お陰で誰かに騙される事無く遊べました。
お酒で失敗は、あまりしませんでした。
つまらない事で傷つく事も無く
青春を謳歌いたしました
感謝しています。
女の子を持つ父親は
きっと自分が男だけに心配なんだろう
父も昔のようにカッコ良くはなくなった
もう、お爺ちゃんだ
あの頃のように夜の町を歩く父は、
もういない
趣味の畑で野菜を作り
私や孫に食べさせるのを楽しみにしている
今の私があるのは父のお陰だ
いくら感謝しても、足りないな・・・

q01467

AD googleアドセンス

関連記事

直前にあった感動話を試験で書いて私立高校入試を突破した実話

実話です。 埼玉県川越市のKさん(15)。 両親は学費の高い私立高校の入学に反対だったが、実技が

記事を読む

あいさつって大切だよね。って思える話。

ツイッターで「バスで『ありがとう』とかツイッターで『おはよう』とかうざいしアホ」 …と、ツイー

記事を読む

日本人が大好きな自慢話

「日本人が大好きな 【寝てない自慢】 【食べてない自慢】 【忙しい自慢】 【体調悪い自慢】等

記事を読む

他人の成功がうらやましく思える時は

【見えない真実】 他人の成功がうらやましく思える時は この絵を見るようにしてる。 見えてい

記事を読む

電車のドア前に座り込むJK5人組が邪魔!

「は?向うからお降りたらいーじゃんwみてわかんねーの?うちら座ってんじゃん!」 すると一緒にい

記事を読む

人柄は顔に出る

人柄は顔に出るし、 幸せは目尻のシワにできる。 理性は声に宿り、嘘は目に映る。 自信は姿勢を正

記事を読む

心の貧富の差

感謝していると、 「ああ、そこまでわかっているん だったら、もっとしてあげようかな」 という気

記事を読む

幸運のきかい

来る日も来る日も満員電車に揺られ、古新聞の数だけ退屈が増えていく代わり映えのしない日々。 そんなあ

記事を読む

『体』は・・・で作られる。『心』は?

『体』は 「水」や「食べ物」などでつくられる 『心』は 「言葉」や「想い」でつくられる

記事を読む

嫌われる割合

世界中の2割の人は あなたがどんな行動をとっても あなたの事を嫌いになる。 6割の人は行動によ

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

大雨の日の約束

僕は格闘技をやってます。僕には彼女がいます。彼女は僕の身を心配して、ボ

結婚を約束した彼女が痴呆になったら。。。

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは

黒人差別的な一言に痛恨の一撃をお見舞いする。

ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」  

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから

→もっと見る


PAGE TOP ↑