*

いじめている君へ

公開日: : 最終更新日:2014/12/14 魔法の言葉

Pocket

『君、想像したことある?』
 
ぼくは小学6年生です。
 
タレントだけど、
ふつうの女の子です。
 
今から書く言葉は
君には届かないかもしれない。
 
だって、いじめてる子は、
自分がいじめっ子だなんて
思っていないから。
 
いじめがばれた時、
いじめっ子が口をそろえて
 
「じぶんはいじめてない」
 
って言うのは、
 
大人が言う保身(ほしん)のためだけ
じゃなく、その子の正直な
気持ちじゃないかなと思います。
 
ただ遊んでいるだけなんだよね。
 
自分より弱いおもちゃで。
 
相手を人間だと思ってたら、
いじめなんてできないよね。
 
感情のおもむくままに、
醜悪(しゅうあく)なゲームで
遊んでいるんだもんね。
 
ぼくもツイッターで
よく死ねとか消えろとかブスとか
ウザいとか言われます。
 
顔が見えないから体は傷つかないけど、
匿名(とくめい)なぶん、
言葉のナイフは鋭(するど)いです。
 
ぼくだけでなく、
時には家族を傷つけられることもある。
 
涙が出ないくらい苦しくて、
死にたくなる日もあります。
 
けれどぼくは、
ぼくがいくら泣こうが、
本当に自殺しようが、
 
その人たちが
何も感じないことを知っている。
 
いじめられた子が苦しんで、
泣いて、死んでも、いじめた子は
変わらず明日も笑ってご飯を食べる。
 
いじめは、
 
いじめた人には
 
「どうでもいいこと」
 
なんです。
 
いじめを止めるのは、
残念ながら
 
いじめられた子の死
 
ではありません。
 
その子が死んでも、
また他の子でいじめは続く。
 
いじめは、
 
いじめる子に想像力(そうぞうりょく)を
持ってもらうことでしか止まらない。
 
いじめゲームをしている君へ。
 
あのね。
 
キモい死ねと連日ネットで
言われるぼくが生まれた日、
 
パパとママはうれしくて、
命にかえても守りたいと思って、
 
ぼくがかわいくて、
すごく泣いたらしいですよ。
 
この子に出会うために生きてきたんだって
思えるくらい幸せだったんだって。
 
それは、ぼくが生意気(なまいき)になった
今でも変わらないそうですよ。
 
想像してください。
 
君があざ笑った子がはじめて立った日、
 
はじめて歩いた日、
 
はじめて笑った日、
 
うれしくて泣いたり笑ったりした
人たちの姿を。
 
君がキモいウザいと思った人を、
世界中の誰(だれ)よりも、
じぶんの命にかえても、
愛している人たちのことを。
 
そして、その人たちと同じように
笑ったり泣いたりして君を育ててきた、
 
君のお父さんやお母さんが、
今の君を見てどう思うのか。
 
それは、
 
君のちっぽけな優越感(ゆうえつかん)
と引き換(か)えに
失ってもいいものなのか。
 
いま一度、考えてみてください。
 
春名風花

p01447

AD googleアドセンス

関連記事

幸せの7つの習慣

1、笑顔 2、他人と比べない  (比べるなら自分の過去と) 3、自分と友達になる 4、人から

記事を読む

おもいやり算

人を笑顔にする算数 『+(たす)』 たすけあうと大きな力に 『-(ひく)』

記事を読む

ピカソから7つの助言

1. 必ずできると信じろ 「思いついたことは出来る。 思いつかないものは出来ない。 これは避け

記事を読む

答えはいつも・・・

達成は 努力の先にあって 成功は、 失敗の先にあって   百歩は 最初の一歩の先にあって

記事を読む

出来る人の会話術 名前を忘れると0点ですよ!

1. 発する言葉が美しければ、  戻ってくる言葉も美しくなる。 2. 初対面

記事を読む

悲しい時は明るい顔を 苦しい時は楽しい顔を

悲しい時は明るい顔を   苦しい時は楽しい顔を   そうやって人は、   心に嘘をついて

記事を読む

人生の決断

人生では何を選ぶか常に自分で 決めなければならい...       「 楽な道 」を選

記事を読む

自分の花

名もない草も実をつける  いのちいっぱいの花をさかせて 相田みつを

記事を読む

5羽のカモメのお話

5羽のカモメが防波堤にとまっている。 そのうちの1羽が飛び立つことを決意した。 残っているのは何

記事を読む

上には上がいるのはわかってる

どれだけ頑張っても、 上には上がいるのはわかってる。 本当に大事なのは そこで下を見るんじゃな

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

→もっと見る


PAGE TOP ↑