*

忘れられないクリスマス

公開日: : 最終更新日:2014/12/04 ちょっといい話

Pocket

22歳で結婚した俺は、嫁さんに幸せになってもらおうと、必死に働いた。

子供も2人生まれて、俺はもっと頑張った。

その甲斐あって、28歳で独立し、自分の会社を持つことが出来た。

33歳になった頃、普通よりはいい暮らしが出来ていたと思う。

嫁さんも子供も喜んでくれた。

だから、俺はもっともっと一生懸命働いて、会社を大きくすることを考えた。

しかし、

そのツケは、俺の身体に降りかかった・・・

35歳の時に癌が見つかり、闘病生活が始まった。

と同時に、会社の経営も傾いていった。

37歳のとき、

もう俺は死のうと思った・・・

こんな身体で、

こんな貧乏で、

でも何も出来ない自分が悔しくて、

身のまわりを少し整理して、

年が明けたら死のうって・・・

そんなことを考えていた年の瀬に、

嫁さんと子供がクリスマスパーティーを開いてくれた。

貧乏だから、ケーキの変わりにドラ焼きで、その上にローソク立てて、

小さいチキンもあって、

シャンパンの変わりにコーラで、

メリークリスマスって言っていた。

子供たちが楽しそうにはしゃいでいる姿を見たら、

なんだか泣けてきた。

(俺がいなくても元気でやれよ)

そう心の中で思っていた。

もう何回もこうやって遊べないから、おもいっきり遊んであげた。

そして、

子供たちが寝静まったあと、

思いもしないことが起きた・・・

嫁さんにこう言われたんだ。

「あなたがどう思っているか知らないけど、

私は今が一番しあわせよ」

俺はその言葉を聞いて、

真っ暗に見えた世界に光が差し、

「ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」

何度も言いながら、その場で泣き崩れた。

そのクリスマスの夜、

二度と死のうなんて思わないと決めた。

病気も経営も、闘ってからだと・・・

あれから5年、

癌はどこかへ消えてしまい、

会社も順調。

今年のクリスマスは何をプレゼントしようかと悩めることも幸せなんだ。

よいクリスマスを♪

q01454

AD googleアドセンス

関連記事

おやすみ、ありがとう

今日という一日が終わり、 あなたが眠りにつく そのときにね、 自分自身に 「おやすみ、ありが

記事を読む

サーカスの入場券

私がまだ十代のころのことです。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を

記事を読む

逆説の10カ条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。   それでもなお、人を愛しなさい。 2.何か

記事を読む

電車で席を奪い取ろうとする老人に対し、若者が放った言葉とは・・・

電車の座席はほぼ埋まり、車内には立っている人がちらほらいる程度 私の向かい側座席の前には男性1

記事を読む

日本人が大好きな自慢話

「日本人が大好きな 【寝てない自慢】 【食べてない自慢】 【忙しい自慢】 【体調悪い自慢】等

記事を読む

『サンタさんは居ます!』Yahoo知恵袋への回答が素晴らしい

わたしはサンタさんがいると思っています。 逆に、いないと言っている人の意味がわかりません。 サン

記事を読む

抱きしめることが言葉より雄弁な時もある

(「死にたい」「手首を切った」、そんな相談に 水谷さんはどのように答えているのですか、の質問に)

記事を読む

今の幸せから何か一つ欠けたら辛くなるの

「幸」って字は逆さまにしても「幸」になる                        だから幸

記事を読む

幸せのポッケ

幸福というのは、 いつも持ち歩いているものです。 みんなのポケットにも、 たくさん入っているん

記事を読む

あいさつって大切だよね。って思える話。

ツイッターで「バスで『ありがとう』とかツイッターで『おはよう』とかうざいしアホ」 …と、ツイー

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

→もっと見る


PAGE TOP ↑