*

サーカスの入場券

公開日: : ちょっといい話, 感動する話

Pocket

私がまだ十代のころのことです。

サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。

ようやく、私たちの前にいるのは、あと一家族だけとなりました。

私はその家族に強く心を引かれました。

その家族には子どもが8人もいて、いちばん年上の子どもでも12歳ぐらいにしか見えません。

あまり裕福そうではなく、着ている服も上等とはいえませんが、きれいに洗濯されています。

そして、行儀よく手をつないで、両親の後ろにきちんと二列に並んでいました。

期待に胸をはずませた子どもたちは、ピエロのこと、象のこと、

そして今から見るいろいろな演技のことを、嬉しそうに話していました。

どうやら、サーカスを見るのはこれが初めてのようです。

子どもたちにとって、今日のサーカスは生涯残る素晴らしい思い出となることでしょう。

子どもたちの前には、両親がとても誇らしげに立っていました。

妻は夫の手をしっかりと握って夫を見上げ、

夫も暖かいほほ笑みを浮かべて、妻を見つめ返していました。

売場の女性が、入場券の枚数をたずねました。

父親は胸を張って答えます。

「子ども8枚と大人2枚ください。これで家族にサーカスを見せてやれますよ」

入場券の合計金額が告げられました。

すると、妻は夫の手を離し、黙ってうつむいてしまいました。

夫のくちびるも震えています。

彼は、また聞き返しました。
 

「いくらですって?」

売場の女性は、もう一度答えました。

その父親には、それだけのお金がなかったのです。

サーカスを見るにはお金が足りないということを、

後ろにいる8人の子どもたちに、どうやって告げようというのでしょう。

ことのなりゆきを見ていた私の父は、ズボンのポケットに手を入れました。

そして20ドル札を取り出し、

なにげなく落としました。

父は腰をかがめてそのお札を拾い上げ、その前の男の肩を軽くたたいて、こう言いました。

「失礼ですが、ポケットからこれが落ちましたよ」

その男は、わたしの父が何をしようとしているのか、すぐに察しました。

彼は人からほどこしを受けるような人ではなかったかもしれません。

でも、その時は、私の父の助けを心から感謝して受け取ったのです。

20ドル札を差し出す父の手を両手でかたく握りしめ、その目をじっと見つめました。

くちびるは震え、ほおには涙が伝わり落ちています。

「ありがとう。

ありがとうございます。

これで助かります」

父と私は車に戻ると、そのまま家に帰りました。

その晩、私たちはサーカスを見ることはできませんでした。

でも、それでよかったのです。

_______

「こころのチキンスープ」
ダイヤモンド社より

q01452

AD googleアドセンス

関連記事

父親の職場

大卒から勤続8年目。 俺は上司含め、同僚が苦手。 というかあまり好きではなかった。 ワ

記事を読む

滑り台の所に車椅子が一台停まってる

犬の散歩で近所の公園行ったら、小学生男子が五人くらい遊んでた。 彼らは滑り台で遊んでたんだが、

記事を読む

【神様からの手紙】

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。 しかし、人間よりも寿命の

記事を読む

親父の手

昔、子供の頃 よく親父と手を繋いで歩いた・・・ 親と手を繋いでみてください・・・

記事を読む

あの父親が泣いていたのは夢か事実か。。。

自分がまだ幼稚園児の頃だと思うのだが、 夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き

記事を読む

自閉症の弟に対する他人の暴言に返した6歳兄の言葉が・・・

わが家は6歳と4歳の男の子ふたり。 弟は自閉症で、週に数回通所施設を利用している。 今日

記事を読む

財布を拾った男性が20ドルとメモをそえて落とし主に返す / そのメモの内容が素晴らしいと話題に!

アメリカで落とし主に対して、気の利いた心遣いをした人物があらわれ、話題になっている。高校生のものとみ

記事を読む

約束していたお子様ランチ

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。 夫婦は2人掛けのカップル

記事を読む

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」ってプレゼントを渡したかった。

記事を読む

アンパンマンが許さないこと

アンパンマンは 「バイキンマンは悪い奴だ!  許さないぞ!」 とは言わない。

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

出逢う順番が逆だったら。。。 一度でいいから思い出をください、と頼んだのは私です 

彼との出逢いは職場です。新入社員で右も左もわからなかい私を、彼が食事に

渡せなかった婚約指輪 横にいた彼女が僕の目の前で中に浮いていた

彼女が30歳の誕生日を迎える前の日にプロポーズをして、彼女も幸せそうに

→もっと見る


PAGE TOP ↑