*

君は何を苦しまねばならないのか?

公開日: : 恋愛

Pocket

失恋した女の子が

公園で泣いていました

一人の哲学者が

慰める事はせずに笑って言った

「君は自分を愛してくれない人を

一人失ったにすぎない

しかし

彼は自分を愛して くれる人を失ったのだ

君は何を

苦しまねばならないのか?

本当に辛いのは彼の方なのだ」

q01446

AD googleアドセンス

関連記事

とある夫婦の日常

嫁は妊娠中。 ソファに座ってお腹を撫でてる嫁を見てたら、なんとなく言いたくなって後ろから抱き締

記事を読む

がむしゃらだった、初恋 すべてを捧げた泣ける話

学生の頃、大好きだった人がいました。好きで、好きで、好きで。17歳から、22歳まで。5年間、彼のこと

記事を読む

いいよー、俺の前で寝てくれるの和むんだよー

私は疲れやすいせいもあるのか本当によく寝る体質なんだけど、彼が私の部屋へ遊びに来た時に昼から夕方まで

記事を読む

あなたを好きになれてよかった

あなたと出逢えて   あなたを好きになれてよかった       あたりまえだけど最初から

記事を読む

甘くてまずいコーヒー

飲み物の思い出になるんですが。 中学2年の時、遅い初恋をしました。相手の彼は目立たないけど 優し

記事を読む

彼女は彼氏の8倍の悲しみを

悲しい事に直面すると、 その女性の強さ、 弱さには関係がなく、 女性は男性の8倍の 心身的ス

記事を読む

悲しいときは話を聞いてくれる

嬉しいときは一緒に喜んでくれる。 苦しいときはそばにいてくれる。 楽しいときは一緒に笑っ

記事を読む

本当は会いたくて。

本当は会いたくて。 本当はそばにいたくて。 本当は触れたくて。 本当は抱き締めてほ

記事を読む

どれだけ綺麗な人よりも

どれだけ綺麗な人よりも、   どれだけ可愛い人よりも、   どれだけカッコいい人よりも、

記事を読む

出会って別れて

出会って別れて やっと幸せになれる人を見付けて、 じゃあ最初からこの人と付き合っていたら

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑