*

あるお母さんが、言いました。

公開日: : 最終更新日:2014/12/11 魔法の言葉

Pocket

あるお母さんが、言いました。

「どうして、もっと早く走れなかったの!そうしたら、1番だったのに・・・」

隣のお母さんが、言いました。

「最後まで、走れたね。えらいね!初めて、最後まで走れたね!」

ひとりのお父さんが言いました。

「なんで、そんなに汚すんだ!絵の具があちこちについているじゃないか!」

隣のお父さんが言いました。

「絵の具の筆が持てたね!よかったね!つぎは色を塗ってみようか。」

ある上司が言いました。

「どうして君は、いつも間違うんだ!真面目にやってくれなきゃ困るんだよ!」

隣の上司が言いました。

「今日は、1回しか間違わなかったね。君の真剣さに感謝するよ!」

あるご両親が産まれて来た赤ちゃんを見て、言いました。

「もっと色白だったら、よかったのに・・・」

隣のご両親が言いました。

「産まれて来てくれて、ありがとう!かわいいベイビー待っていたよ。」
p01442

AD googleアドセンス

関連記事

大丈夫、だって・・・

どんなに真っ暗な夜でも 必ず夜は明ける どんなに真っ暗な夜でも 必ず星はある どんなに今が辛

記事を読む

人柄は顔に出る

人柄は顔に出るし、 幸せは目尻のシワにできる。 理性は声に宿り、嘘は目に映る。 自信は姿勢を正

記事を読む

出来る人の会話術 名前を忘れると0点ですよ!

1. 発する言葉が美しければ、  戻ってくる言葉も美しくなる。 2. 初対面

記事を読む

自分の力を信じなさい

自分の力を信じなさい。 6歳の私へ。 自分の力を信じなさい。 そして誰にその力を誰に言うの

記事を読む

耳の痛いことを言う人は神様

耳の痛いことを言う人は 神様だと言います。 あなたのことを 認めない家族は、

記事を読む

後ろ向きに考えればピンチとなる どう考えたかが本当の問題

後ろ向きに考えればピンチとなる 問題が起きたことが問題ではなく どう考えたかが本当の問題

記事を読む

5羽のカモメのお話

5羽のカモメが防波堤にとまっている。 そのうちの1羽が飛び立つことを決意した。 残っているのは何

記事を読む

日常の五心

日常の五心 一、「すみません」という反省の心。 一、「はい」という素直な心。 一、「おかげさま

記事を読む

自分の居場所

君がいるところは 気に入っても    気にいらなくても 今の君にとって ふさわしいところ

記事を読む

どんどん「子どもがやる気を出す」魔法のほめ言葉

子どものやる気を伸ばしたい……。そう思っていても、どうしたらいいのか、結構悩んでしまいませんか?

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

だんだんあなたが見えなくなってくる

だんだんあなたが見えなくなってくる 彼女は視力がどんどん弱くなる

相手のスマホには不幸な事実しかない???

だいたい、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのスマホにはお互いに秘密の闇があ

夫婦ケンカの次の日のお弁当

その夫婦にしか分からない「夫婦喧嘩の仲直り方法」。言葉には出来なかった

3年越しの結婚式に流れたビデオレターに感動

余命幾ばくも無い母のために挙げようとした結婚式にまつわるお話です。

女性が結婚式を特に大切に思い、こだわる理由とは?

兄が「なんで女って結婚式にこだわるんだろう」って言ったとき 奥さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑