*

赤ちゃんの気持ち

公開日: : ちょっといい話

Pocket

あなたは、いまどんな気持ちでしょうか。

生まれる直前まで、赤ちゃんは可愛くて、いつでも無条件で愛せるものだと信じていたことでしょう。

生まれてきた赤ちゃんを前にして、優しい気持ちで過ごせると想像していた毎日は、考えていた以上に大変で、母になることの困難に直面しているかもしれません。

頻回の授乳に、ゆっくり眠ることすらままならず、泣き止まぬ我が子に途方に暮れ、自らが不甲斐ないからだと己をせめていませんか?

自分でない誰かが母なら、もっと赤ちゃんは幸せだったかもしれないと思ってませんか?

あなたとあなたの赤ちゃんは、奇跡のような確率で出会いました。

何億人という人々の中であなたを母に選んだのです。

あなたが自らの血を流し、お腹を痛めてその子は誕生しました。

あなた以上に、赤ちゃんのことを想い、悩み、考えている人はいません。

あなた以上に赤ちゃんのために、時間を割き、自らを犠牲にしている人もいません。

そして、赤ちゃんはあなた以上に好きな人はいないのです。

あなたが思う以上に、あなたの赤ちゃんはあなたを必要とし、愛しているのです。

表現する方法も知らない中で、ひたすらあなたのそばにいたいことを訴えているのです。

泣いて泣いて、声がかれるほど泣いて、あなたの愛を乞うているのです。

例え、あなたが赤ちゃんを産んだことを後悔し、赤ちゃんを手放したいと思っても、赤ちゃんはあなたからの愛を信じて、渾身の力であなたを求めているのです。

どうか、母になったことに誇りをもち、自信を持って下さい。

我が子を得たことは、もの凄い奇跡だということを忘れないで下さい。

完璧な母なんてどこにもいません。

みんな一歩一歩ゆっくりと母になっていく のです。

赤ちゃんにとって一番の幸せは、あなたのそばにいて、あなたの笑顔を見ることなのですから。

お腹の中に赤ちゃんがいたときは、生まれてからの微笑ましい生活を想像していたことでしょう。

生まれてからこんなに大変だとは正直思っていなかったという方、多いんだと思います。

特に産後数ヶ月は、ホルモンバランスも変動することも相まって、情緒不安定になることも珍しくありません。

そんなときに、自分の見方になってくれる人が誰もいなかったら?

あるいは、自分を労ってくれる存在が皆無だとしたら・・・

いくら親になったといっても、いきなり完璧な母親になれる人なんていないことでしょう。

真面目なママさんなら余計に、思い詰めることかもしれません。

しんどい時期に、「しんどいよー」って、言ってください。

赤ちゃんと一緒に泣いても、いいんです。

あまり思い詰めませんように・・・。

q01443

AD googleアドセンス

関連記事

見ると良い事がある虹色の雲

‘‘見ると良い事がある虹色の雲‘‘ この虹色の雲は「彩雲」と呼ばれ非常に縁起のいい雲だそうです。

記事を読む

「ありがとう」っていう言葉の破壊力

あなたはあなたの 「ありがとう」っていう言葉の破壊力に   気づいちゃいない。   その言

記事を読む

女なんて星の数程いると思ってた

男A「うぅ…ふられた…」 男B「…ドンマイ。女なんて星の数ほどいるさ」 A「さすがに

記事を読む

キングオブポップ、ロック&ソウル

「キングオブポップ、ロック&ソウル」 と称され伝説となったマイケルジャクソン。 もはや彼の説明は

記事を読む

極楽と地獄の違い

ちょうど銭湯へ行きますと、男湯と女湯が並んで あるように、地獄湯と極楽湯は並んであります。 その

記事を読む

幸せは、 「幸せ」って思った人のところに

幸せは、 「幸せ」って思った人のところに やってくるんだそうです。 幸せになるために 毎日一

記事を読む

幸せに成功する人は、いつも「感謝」しています。

幸せに成功する人は、いつも「感謝」しています。     ちょっとしたことをされても   「

記事を読む

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」ってプレゼントを渡したかった。

記事を読む

子 に込められた想い

女の子の名前でよく見る「子」という字には ただ単に子供の「子」ではなく、 「一」(はじめ

記事を読む

小さなジェントルマン~空の上で本当にあった心温まる物語

おばあさんと学生服を着たお孫さんと思われる男の子の二人連れが登場なさいました。 機内に乗り込む時も

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑