*

来年はお前がサンタさんだな…

公開日: : 泣ける話

Pocket

6歳の娘が
クリスマスの数日前から
欲しいものを手紙に書いて
窓際に置いておいたから、
早速何が欲しいのかなぁと
夫とキティちゃんの便箋を
破らないようにして
手紙を覗いてみたら、
こう書いてあった。

「サンタさんへ 
おとうさんのガンがなおる
くすりをください!
おねがいします」

夫と顔を見合わせて
苦笑いしたけれど、
私だんだん悲しくなって
少しメソメソしちゃったよw

昨日の夜、娘が眠ったあと、
夫は娘が好きな
プリキュアのキャラクター人形と
「ガンがなおるおくすり」
と普通の粉薬の袋に書いたものを
置いておいた。

朝、娘が起きると
プリキュアの人形もだけれど、
それ以上に薬を喜んで
「ギャーっ!」
って嬉しい叫びを上げてた。

早速朝食を食べる夫の元に
どたばたと行って

「ねえ!
サンタさんから
お父さんのガンが治る薬
貰ったの!早く飲んでみて!」

っていって、夫に薬を飲ませた。
夫が

「お! 
体の調子が、
だんだんと良くなってきた
みたいだ」

と言うと娘が、

「ああ! 良かった〜。
これでお父さんとまた、
山にハイキングに行ったり、
動物園に行ったり、
運動会に参加したりできるね〜」

……っていうと
夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、
それから声を押し殺すようにして
「ぐっ、ぐうっ」
って泣き始めた。

私も貰い泣きしそうになったけれど
なんとか泣かないように
鍋の味噌汁をオタマで掬って
無理やり飲み込んで態勢を整えた。

夫は娘には
「薬の効き目で涙が出てるんだ」
と言い訳をしてた。

その後、娘が近所の子に家に
プリキュアの人形を持って
遊びに行った後、夫が

「来年は
お前がサンタさんだな…。
しっかり頼むぞ」

と言ったので、
つい私の涙腺が緩んで、
わあわあ泣き続けた。

お椀の味噌汁に
涙がいくつも混ざった。

q01442

AD googleアドセンス

関連記事

あなたが苦しみから解放されたことだけが、唯一の私の救いです。

私が小学生の時、野良猫が家になついて子猫を生んだ。 メス一匹とオス三匹。 内、オス二匹は病気やら

記事を読む

ki-se-ki

私に起きた奇跡について 書かせて貰います。 皆に聞いて貰って 初心を忘れないで欲しい。

記事を読む

葬式って悲しいな

今も忘れない帰り道のこと、 ダチが「葬式って悲しいな」って 言った。 「そりゃそう

記事を読む

娘の言葉

電気工事士として引き抜かれ、 次の会社でも頑張っていたのですが、 その会社が不振になり、 リス

記事を読む

愛猫の最期

物心ついた時からずっと 一緒だった猫が病気になった。いつものように私が名前を呼んでも、腕のなか

記事を読む

まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!

「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」 私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤

記事を読む

滑り台の所に車椅子が一台停まってる

犬の散歩で近所の公園行ったら、小学生男子が五人くらい遊んでた。 彼らは滑り台で遊んでたんだが、

記事を読む

3本のビデオ

サキちゃんのママは 重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 そ

記事を読む

受け入れる心~感謝の心~

お釈迦様は、 この世の苦しみ・悲しみの根元は、 「思いどおりにならないこと」 と悟りました。

記事を読む

私も早く会いたい

友達が、20代前半で第二子を妊娠中→検査で子宮ガン発見。 若いとガンの進行が早いこと、絶対に母体が

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑