*

来年はお前がサンタさんだな…

公開日: : 泣ける話

Pocket

6歳の娘が
クリスマスの数日前から
欲しいものを手紙に書いて
窓際に置いておいたから、
早速何が欲しいのかなぁと
夫とキティちゃんの便箋を
破らないようにして
手紙を覗いてみたら、
こう書いてあった。

「サンタさんへ 
おとうさんのガンがなおる
くすりをください!
おねがいします」

夫と顔を見合わせて
苦笑いしたけれど、
私だんだん悲しくなって
少しメソメソしちゃったよw

昨日の夜、娘が眠ったあと、
夫は娘が好きな
プリキュアのキャラクター人形と
「ガンがなおるおくすり」
と普通の粉薬の袋に書いたものを
置いておいた。

朝、娘が起きると
プリキュアの人形もだけれど、
それ以上に薬を喜んで
「ギャーっ!」
って嬉しい叫びを上げてた。

早速朝食を食べる夫の元に
どたばたと行って

「ねえ!
サンタさんから
お父さんのガンが治る薬
貰ったの!早く飲んでみて!」

っていって、夫に薬を飲ませた。
夫が

「お! 
体の調子が、
だんだんと良くなってきた
みたいだ」

と言うと娘が、

「ああ! 良かった〜。
これでお父さんとまた、
山にハイキングに行ったり、
動物園に行ったり、
運動会に参加したりできるね〜」

……っていうと
夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、
それから声を押し殺すようにして
「ぐっ、ぐうっ」
って泣き始めた。

私も貰い泣きしそうになったけれど
なんとか泣かないように
鍋の味噌汁をオタマで掬って
無理やり飲み込んで態勢を整えた。

夫は娘には
「薬の効き目で涙が出てるんだ」
と言い訳をしてた。

その後、娘が近所の子に家に
プリキュアの人形を持って
遊びに行った後、夫が

「来年は
お前がサンタさんだな…。
しっかり頼むぞ」

と言ったので、
つい私の涙腺が緩んで、
わあわあ泣き続けた。

お椀の味噌汁に
涙がいくつも混ざった。

q01442

AD googleアドセンス

関連記事

雨を見て

じいちゃんとばあちゃんは2人で暮らしてた。ばあちゃんはボケが進んでた。 じいちゃんが介護してた。

記事を読む

手紙を燃やしながら私は妻に誓った

妻が4年前に事故による不慮の死を遂げ、私と息子の二人だけの生活になった。 息子の世話や毎日の食

記事を読む

まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!

「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」 私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤

記事を読む

【泣ける話】俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た

もう随分前の話だが・・・。 俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た。親父は連れ子である俺にも本当

記事を読む

【泣ける話】大好きだったよ

これ、反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親

記事を読む

約束していたお子様ランチ

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。 夫婦は2人掛けのカップル

記事を読む

特攻隊員の手紙

特攻隊の教官だった年配者の一人は、教え子が続々と出撃していく中で「必ずオレも後に続く!」と約束を繰り

記事を読む

初めての結婚記念日

入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりに

記事を読む

家猫クロとおふくろの関係。

中学生の頃に猫を飼った。 家族みんなが(特に母が)黒猫が好きで、満場一致で知り合いから黒子猫を貰っ

記事を読む

【神様からの手紙】

例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。 しかし、人間よりも寿命の

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

つかなくてもいい嘘で別れた初恋の人

私が初めて好きになった彼は優しくて、いつも私のワガママを聞いてくれてい

傘をくれた天使

たぶんどうでもいいことが原因で旦那と喧嘩をしたあの日、育児にも疲れ、夫

勝てない相手 元カノが目を覚ました

私と彼は、来月婚約する予定でした。婚約指輪を買いに行った夜、彼の携帯に

→もっと見る


PAGE TOP ↑