*

痛みを少しでも忘れられるように

公開日: : 感動する話

Pocket

重い関節炎にかかった愛犬を抱え毎日 湖に行く男性 

動物を飼うということ。

その成長を見守り、一緒に生活をする。

これはとても幸せな時間だ。

しかし、彼らはいつまでも赤ちゃんじゃない。

人間同様老いていく。いや、人間よりもずっと早く。

今、ある飼い主と老いたペットの写真がネットユーザー達の胸を打っている。

男性と犬が湖の中にたたずむ写真。

その老犬は重い関節炎を患い動くこともままならない。

男性は少しでも痛みから解放しようと、愛犬を抱え毎日湖に連れて行っているのだ。

写真に写っている男性の名はアメリカ在住のJohnさん。

そして彼に抱きかかえられているのは愛犬Shepだ。

Shepは生後8カ月の頃にJohnさんのもとにやって来た。

そのShepももう19才。

人間の年齢にしたら100才はゆうに超える高齢だ。

年をとったShepは重い関節炎にかかってしまった。

今ではあまりの痛さに食事も眠ることさえもままならなくなってしまった。

もう活発に動くことも、一緒に遊んだりもできない。

しかし、JohnさんのShepへの思いはそんなことでは消えなかった。

彼は動けなくなったShepを連れて、湖へ行くようになった。

そして、Shepを抱えて水の中に入るのである。水に入ると浮力により、

一時的ではあるが関節炎の痛みが緩和されるという。

Johnさんは毎日毎日Shepを湖に連れて行き、少しでも痛みがやわらぐようつとめているそうだ。

この写真を撮影したフォトグラファーのStonehouseさんは

「写真を撮ったとき、Shepはパパ(Johnさん)の腕の中で眠っていました。

それも、とても穏やかな表情で」と語っている。

なんの心配もなくスヤスヤと眠る表情はまるで子犬のようだ。

関節の痛みもやわらぎ、何より大好きなJohnさんと一緒にいて安心しているのではないだろうか。

Facebookではこの写真に25万以上もの「いいね!」がつけられた。

 

また、ネットユーザーからも

「愛に満ちた写真だ」

「涙が出た」

「これは全ての飼い主がペットにすべきことだ」

「もう何て言ったらいいかわからない。素晴らしいよ」

など感動のコメントが3万件近くつけられている。

動物を飼う期間は人間にとっては長い人生の一部分かもしれない。

しかし、ペットとして飼われた動物は一生涯人間の下で暮らすことになる。

人間との時間は彼らの生涯そのものなのである。

動物を飼うときは、彼らの寿命が1年であっても20年であってもそのことを忘れてはいけない。

Johnさんのような愛情こそが人間と動物、双方の幸せにつながるのではないだろうか。

q01437

AD googleアドセンス

関連記事

少年と、足を失った飼い犬

英国から病気のせいで引きこもりになった少年と、足を失った飼い犬との心温まるニュース 3本足の犬

記事を読む

二人の少年がいじめについて歌う 自身の体験をもとにラップを

https://youtu.be/E3hbvErIpvE

記事を読む

【時間の銀行】

次のような銀行があると、考えてみてください。 その銀行は、 毎朝あなたの口座へ86,400ドル

記事を読む

no image

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

http://youtu.be/w8GIvGwXJTs アメリカと日本の違いかもしれない。

記事を読む

ママになる前は

ママになる前はいつも あたたかいご飯を食べた。 しみのついたままの洋服を 着たこともないし

記事を読む

嫁の連れ子の一人娘の結婚式

一人娘の結婚式 俺が嫁と結婚したのと同じ歳。 お前はもらわれていく。 土曜日、一人娘の結婚式

記事を読む

オンリーワン

部活の大会で、みんなから応援メッセージが書かれたボードをもらったことがあります。 その中に「ナ

記事を読む

爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると 世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたん

記事を読む

あなたは「ありがとう」の反対の言葉を答えられますか?

ありがとうの反対語など 今まで考えたこともなかった。 教えてもらった答えは・・・ 「あ

記事を読む

忘れられない慰問演奏

7年前、小児科の末期がん患者の病棟に演奏をしに行った時のことです。 学校のある卒業生の方から

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑