*

痛みを少しでも忘れられるように

公開日: : 感動する話

Pocket

重い関節炎にかかった愛犬を抱え毎日 湖に行く男性 

動物を飼うということ。

その成長を見守り、一緒に生活をする。

これはとても幸せな時間だ。

しかし、彼らはいつまでも赤ちゃんじゃない。

人間同様老いていく。いや、人間よりもずっと早く。

今、ある飼い主と老いたペットの写真がネットユーザー達の胸を打っている。

男性と犬が湖の中にたたずむ写真。

その老犬は重い関節炎を患い動くこともままならない。

男性は少しでも痛みから解放しようと、愛犬を抱え毎日湖に連れて行っているのだ。

写真に写っている男性の名はアメリカ在住のJohnさん。

そして彼に抱きかかえられているのは愛犬Shepだ。

Shepは生後8カ月の頃にJohnさんのもとにやって来た。

そのShepももう19才。

人間の年齢にしたら100才はゆうに超える高齢だ。

年をとったShepは重い関節炎にかかってしまった。

今ではあまりの痛さに食事も眠ることさえもままならなくなってしまった。

もう活発に動くことも、一緒に遊んだりもできない。

しかし、JohnさんのShepへの思いはそんなことでは消えなかった。

彼は動けなくなったShepを連れて、湖へ行くようになった。

そして、Shepを抱えて水の中に入るのである。水に入ると浮力により、

一時的ではあるが関節炎の痛みが緩和されるという。

Johnさんは毎日毎日Shepを湖に連れて行き、少しでも痛みがやわらぐようつとめているそうだ。

この写真を撮影したフォトグラファーのStonehouseさんは

「写真を撮ったとき、Shepはパパ(Johnさん)の腕の中で眠っていました。

それも、とても穏やかな表情で」と語っている。

なんの心配もなくスヤスヤと眠る表情はまるで子犬のようだ。

関節の痛みもやわらぎ、何より大好きなJohnさんと一緒にいて安心しているのではないだろうか。

Facebookではこの写真に25万以上もの「いいね!」がつけられた。

 

また、ネットユーザーからも

「愛に満ちた写真だ」

「涙が出た」

「これは全ての飼い主がペットにすべきことだ」

「もう何て言ったらいいかわからない。素晴らしいよ」

など感動のコメントが3万件近くつけられている。

動物を飼う期間は人間にとっては長い人生の一部分かもしれない。

しかし、ペットとして飼われた動物は一生涯人間の下で暮らすことになる。

人間との時間は彼らの生涯そのものなのである。

動物を飼うときは、彼らの寿命が1年であっても20年であってもそのことを忘れてはいけない。

Johnさんのような愛情こそが人間と動物、双方の幸せにつながるのではないだろうか。

q01437

AD googleアドセンス

関連記事

初めての結婚記念日

入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりに

記事を読む

木村拓哉さん

ドラマ撮影が押してる休憩時間。 キャストは過酷なドラマ撮影に 疲労し疲れをとるため 少しで

記事を読む

5つの誓い

2002年3月1日。人生を大きく 変える出来事がありました 一生、寝たきりか、よくて車イスの

記事を読む

父は忘れる

『父は忘れる』 (リヴィングストン・ラーネッド)   坊や、きいておくれ。 おま

記事を読む

誰かのために・・・

僕が看取った患者さんに、 スキルス胃がんに罹った女性の方がいました。 余命3か月と診断され、

記事を読む

本当に感動したときの言葉

一人のお母さんから、 とても大切なことを教えられました。 そのお宅の最初に生まれた男の子は、

記事を読む

no image

【日本語字幕】世界中が涙したタイの感動CM

病気の母のため、薬を万引きしようとした少年に救いの手をのべた食堂のおじさん。その30年後、おじさんは

記事を読む

熊本の名校長・最後の授業

私が考える教育の究極の目的は 「親に感謝、親を大切にする」です。 高校生の多くはいま

記事を読む

思わず2度見てしまう!小林市PR動画がすごい!

https://youtu.be/jrAS3MDxCeA

記事を読む

ママになる前は

ママになる前はいつも あたたかいご飯を食べた。 しみのついたままの洋服を 着たこともないし

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

大雨の日の約束

僕は格闘技をやってます。僕には彼女がいます。彼女は僕の身を心配して、ボ

結婚を約束した彼女が痴呆になったら。。。

彼女が痴呆になりました、前から物忘れが激しくて、ある日夜中に突然昼ご飯

馬鹿な彼女・・・でも本当にバカだったのは俺だった。。。

俺には可愛い彼女がいた 性格は素直でスタイルも良かったが周囲からは

黒人差別的な一言に痛恨の一撃をお見舞いする。

ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」  

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから

→もっと見る


PAGE TOP ↑