*

痛みを少しでも忘れられるように

公開日: : 感動する話

Pocket

重い関節炎にかかった愛犬を抱え毎日 湖に行く男性 

動物を飼うということ。

その成長を見守り、一緒に生活をする。

これはとても幸せな時間だ。

しかし、彼らはいつまでも赤ちゃんじゃない。

人間同様老いていく。いや、人間よりもずっと早く。

今、ある飼い主と老いたペットの写真がネットユーザー達の胸を打っている。

男性と犬が湖の中にたたずむ写真。

その老犬は重い関節炎を患い動くこともままならない。

男性は少しでも痛みから解放しようと、愛犬を抱え毎日湖に連れて行っているのだ。

写真に写っている男性の名はアメリカ在住のJohnさん。

そして彼に抱きかかえられているのは愛犬Shepだ。

Shepは生後8カ月の頃にJohnさんのもとにやって来た。

そのShepももう19才。

人間の年齢にしたら100才はゆうに超える高齢だ。

年をとったShepは重い関節炎にかかってしまった。

今ではあまりの痛さに食事も眠ることさえもままならなくなってしまった。

もう活発に動くことも、一緒に遊んだりもできない。

しかし、JohnさんのShepへの思いはそんなことでは消えなかった。

彼は動けなくなったShepを連れて、湖へ行くようになった。

そして、Shepを抱えて水の中に入るのである。水に入ると浮力により、

一時的ではあるが関節炎の痛みが緩和されるという。

Johnさんは毎日毎日Shepを湖に連れて行き、少しでも痛みがやわらぐようつとめているそうだ。

この写真を撮影したフォトグラファーのStonehouseさんは

「写真を撮ったとき、Shepはパパ(Johnさん)の腕の中で眠っていました。

それも、とても穏やかな表情で」と語っている。

なんの心配もなくスヤスヤと眠る表情はまるで子犬のようだ。

関節の痛みもやわらぎ、何より大好きなJohnさんと一緒にいて安心しているのではないだろうか。

Facebookではこの写真に25万以上もの「いいね!」がつけられた。

 

また、ネットユーザーからも

「愛に満ちた写真だ」

「涙が出た」

「これは全ての飼い主がペットにすべきことだ」

「もう何て言ったらいいかわからない。素晴らしいよ」

など感動のコメントが3万件近くつけられている。

動物を飼う期間は人間にとっては長い人生の一部分かもしれない。

しかし、ペットとして飼われた動物は一生涯人間の下で暮らすことになる。

人間との時間は彼らの生涯そのものなのである。

動物を飼うときは、彼らの寿命が1年であっても20年であってもそのことを忘れてはいけない。

Johnさんのような愛情こそが人間と動物、双方の幸せにつながるのではないだろうか。

q01437

AD googleアドセンス

関連記事

夢の国から

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていまた。)が歩いていました。 キャス

記事を読む

約束していたお子様ランチ

ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドのレストランに入ってきました。 夫婦は2人掛けのカップル

記事を読む

超話題のNO.1 結婚式余興ムービー

結婚式余興サプライズ「麻里子の教室」寿ビデオ大賞授賞作品 ☆☆寿ビデオ大賞授賞作品☆☆「めざま

記事を読む

見知らぬ子供に涙し、幸せになったおじさんのお話

離婚するとき、私は妻と2 つの約束をした。 ひとつは年に一度、娘の誕生日だけは会いにきてもいい

記事を読む

サーカスの入場券

私がまだ十代のころのことです。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を

記事を読む

no image

父からの未来への手紙

あゆみ結婚おめでとう。 今のお前はまだ5歳です。 昨日は「お父さん大好き」 今日は「お父さ

記事を読む

無愛想な人だった

産婦人科医院で働いていた時のこと。 Aさんの夫は営業というお仕事柄とても愛想が良くてさわやかで

記事を読む

写真代わりに、母が書いた自分の絵。

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で

記事を読む

お小遣い

あるところに少年と母親だけで暮らしている家族がありました。 少年と母親は助け合い、 貧しいながら

記事を読む

約束の結婚式

由香ちゃんが近所に引っ越してきたのは、まだ小学校三年生のときでした。 ときどきわが家に電話を借

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑