*

矢沢の生き様

公開日: : 感動する話

Pocket

1998年、

オレはオーストリアで被害総額30億円以上という、
とんでもない横領被害に遭った。

犯人は長年、 一緒に仕事してきたオレの部下だった。
事件はオレにとって大きかった。
金額の問題じゃない。

とにかく精神的ダメージが大きかった。
どーんと胸に空洞があるみたいになった。
ショックだった。

だってそうじゃないか。
犯人は側近中の側近だ。
やつらが共謀してオレを裏切ったんだ。

背任、横領、公文書偽造。 やりたい放題だった。
しかも、 10年間にわたって。

「矢沢がやられたよ、 だまされちゃったよ、
大借金くらっちゃったよ、 あいつバカだよな」

結局、 マスメディアが言ってることはこれだけだった。

オレは、 負けるわけにはいかない、 と思った。

「こいつら、 待ってるんだろうな、
オレが破産するのを。 こいつらにいい思いさせたくないな」

こいつらっていういのは、 「他人の不幸は蜜の味」
と思っている連中だ。 すると、どうする?

何が何でも借金を片つけなきゃいかん。

「あの男は落ちねえな」
と思わせるところにいかなきゃ
オトシマエがつかないだろう。

オレが引かない理由? プライドもあるだろう。
このまま尻尾を巻いたんじゃ、 あまりにもシャクだよな。

でも、それだけじゃない。 もっと上から見てみたら、
本当に負けちゃいけないって思えるんだよ。

このままじゃ、 世の中に正義ってもんがないってことになる。
「真実もクソもあるかい。 おもしろければいいじゃん」

ってやつばっかりのさばったら、 人間社会は終わる。

いくら腐っても、 どっかのところでは、
誰が悪いのか、 何がどうなているのかは、
きっちり白黒つけなきゃいかん。

うちの女房はいいことを言った。

「あなた、 FやKを憎んだところで、
今さら消えたお金と時間が返ってくるわけじゃない。
やらなきゃいけないことは、 ほかに山ほどあるわ。

かわいそうなヤツらだと思って、
こっちからパスしちゃいなさいよ。

あんまりあの人たちを
憎むことにかかわらないほうがいいわ。
憎んだら、 あなたまで持っていかれちゃうわよ」

そうだよな。

「世の中はみんな盗人だ」と思って、
いつもピリピリしてたんじゃ、 いい音楽はつくれない。

オレはだまされた自分のことがいやじゃない。

この純粋バカさ加減の矢沢がきらいじゃない。

そういうオレは甘ちゃんかもしれない。
でもオレはそれでいいと思っている。

長い年月で、 どっちが悲しい思いをするだろう。
オレじゃない。
オレを陥れるヤツのほうが、 悲しい思いをする。

オレは絶対そう信じている。
これは負け惜しみじゃなくて、 そう思う。

人間はいつか死ぬ。 だんだん年をとって、
体もゆうことをきかなくなってきて、
ふと若いころを振り返ったとき、

信頼してくれている人間を
陥れたことがあるなんて思い出したら、
それは気持いいもんじゃないよね。

負債と取り立て。 こいつは苦しい。
でも、オレは負けない。

何歳まで生きられるか知らないけど、
オレは役を与えられたんだ。

矢沢永吉という役を。

「そうだよなあー。 ケツまくって生きるのもスジか」
と思って、 でかい口あけて笑えるようになった。

オレは歌える。
借金を返すのに何年かかるかなんて、
そんなもん、たいしたことない。

死んだらほんとのおしまいなんだよ。
やっぱり。

矢沢永吉著「アー・ユー・ハッピー?」
角川文庫2004年4月発行より

q01423

AD googleアドセンス

関連記事

募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。

母「貯めてたのに本当にいいの?」 子「どうぶつの森我慢する。これで地震の人の家建てる。」

記事を読む

記念日にもらった大切な指輪を無くした

記念日に買ってもらった大事な指輪。 先日、その指輪をなくしてしまった。 どんなに探しても見つ

記事を読む

本当に感動したときの言葉

一人のお母さんから、 とても大切なことを教えられました。 そのお宅の最初に生まれた男の子は、

記事を読む

もう10年も前の話

もう10年も前の話。 妻が他界して1年がたった頃、 当時8歳の娘と3歳の息子がいた。

記事を読む

全身の筋肉が骨化する難病と闘う女性の強さと美しさが人々の心をつかむ

英国で、難病におかされたある女性のドキュメンタリー番組が放映された。 病に屈しないその生き方、

記事を読む

手紙だとずっと大切に保管できるのに

ある日、父が携帯を片手にノートに何か書いていた。 何をしているのかと聞いたら「お母さんから貰っ

記事を読む

変な名前のネコ

11年前の2月、何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。 俺たちの前によろよろと来るとペタン

記事を読む

父親の職場

大卒から勤続8年目。 俺は上司含め、同僚が苦手。 というかあまり好きではなかった。 ワ

記事を読む

親父の手

昔、子供の頃 よく親父と手を繋いで歩いた・・・ 親と手を繋いでみてください・・・

記事を読む

忘れられない慰問演奏

7年前、小児科の末期がん患者の病棟に演奏をしに行った時のことです。 学校のある卒業生の方から

記事を読む

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

お母さんのハンバーグ弁当の味

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

→もっと見る


PAGE TOP ↑