感動する話 一覧

子どもたちに贈る家宝

子どもたちに贈る家宝

福岡にある南蔵院の住職“林覚乗”さんのお話 広島で講演をした時のことです。 講演を終えて控え室に戻ると、中年の婦人がお礼...

記事を読む

「会社を辞めたい」と呟いた。

「会社を辞めたい」と呟いた。

「会社を辞めたい」と呟いた。 「大丈夫」と返してくる男がいた。 プロフィールには55歳。 「会社辞めたい」毎日呟いた。 ...

記事を読む

3本のビデオ

3本のビデオ

サキちゃんのママは 重い病気と闘っていたが、 死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳。 ...

記事を読む

父親の職場

父親の職場

大卒から勤続8年目。 俺は上司含め、同僚が苦手。 というかあまり好きではなかった。 ワイワイと騒ぐ職場で馴れ合いもせず昼飯や飲...

記事を読む

オンリーワン

オンリーワン

部活の大会で、みんなから応援メッセージが書かれたボードをもらったことがあります。 その中に「ナンバーワンを目指すこと自体が、オンリーワ...

記事を読む

とある夫婦の日常

とある夫婦の日常

嫁は妊娠中。 ソファに座ってお腹を撫でてる嫁を見てたら、なんとなく言いたくなって後ろから抱き締めて「愛してる」って言った。 ただ...

記事を読む

ミッキー誕生の話

ミッキー誕生の話

彼は子どもの頃から人を喜ばせるのが大好きでした。絵が得意で、絵をかいて皆が喜んでくれるのを見るのが何よりうれしかったのです。 けれども彼の...

記事を読む

チーズケーキ買えるかな?

チーズケーキ買えるかな?

私が財布から紙幣を出していると、表のガラスドアが開いて、五、六歳くらいの女の子が入ってきた。 顔を赤くし、必死の面持ちで、 「あのう...

記事を読む

初任給の物語

初任給の物語

某信用金庫に勤める二十歳の短大卒の女性が、 初月給を親のために使って喜んでもらおうと、 両親をレストランに招待しました。...

記事を読む

無愛想な人だった

無愛想な人だった

産婦人科医院で働いていた時のこと。 Aさんの夫は営業というお仕事柄とても愛想が良くてさわやかで、同室の人たちにお見舞いのお菓子を配った...

記事を読む

かわいそうな柿

かわいそうな柿

昔24時間営業のスーパーで働いてた。 この時期はただえさえ寒いうえに店内冷房ですごく寒かったな。 それはさておき、その年は柿がすごくおい...

記事を読む

少年と、足を失った飼い犬

少年と、足を失った飼い犬

英国から病気のせいで引きこもりになった少年と、足を失った飼い犬との心温まるニュース 3本足の犬が病気で引きこもりの7歳の少年を救い出し...

記事を読む

万博の思い出

万博の思い出

※「2ちゃんねる」から抜粋 ****************************** ここで良いのか?と思いながら・・・・(...

記事を読む

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

8歳少女の国歌斉唱中、マイク故障のハプニングから感動に

8歳の女の子が国歌斉唱(米)の途中、マイクが故障。 その後・・・

記事を読む

家族旅行の帰り道

家族旅行の帰り道

数年前、 家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました その事故のせいで私は2本の松葉杖なしには歩けなくなってしまったのです ...

記事を読む

父は忘れる

父は忘れる

『父は忘れる』 (リヴィングストン・ラーネッド)   坊や、きいておくれ。 おまえは小さな手に頬をのせ、 汗ばんだ額に...

記事を読む

おとん いつもありがとう

おとん いつもありがとう

おとんの小銭入れがくったくたになっていたので父の日のプレゼントに買った かぶっちゃいけないと思って家族に何をあげるか伝えておいたら 両親...

記事を読む

ママ、あたしね

ママ、あたしね

あの頃、わたしは初めての赤ちゃんに無我夢中だった。 ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。 へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりな...

記事を読む

夢の国から

夢の国から

私と彼の前を目の不自由な夫婦(二人とも杖の様なものを持っていまた。)が歩いていました。 キャストの方が付き添い丁寧に説明をしながら歩い...

記事を読む

死ぬときに後悔すること25

死ぬときに後悔すること25

1000人の死を見届けた医師である大津秀一さんの、 「死ぬときに後悔すること25」(致知出版社) ***************...

記事を読む

スポンサーリンク
AD googleアドセンス
AD googleアドセンス
1 2 3 4 5 6 7 8