*

「 月別アーカイブ:2014年11月 」 一覧

お父さんの白い運動靴

わたしの父は、松葉杖をついて一生を過ごした人でした。 そんな父が、つらい歩行練習を始めたのは、長女のわたしが結婚の話をきりだしたころでした。 踏みしめる一歩一歩がどれだけつらそうだ

続きを見る

永遠に残るもの

2014/11/28 | 感動する話

テディ・スタラードは、確かに、劣等性と呼ばれるのにふさわしい子どもだった。 学校に興味がない。無気力。だらしない服装。とかしたことのない髪の毛。どこの学校にも、無表情でぼんやりした目つきの子はい

続きを見る

ドラえもんのび太の結婚前夜

2014/11/27 | 感動する話

しずかちゃんと出来杉くんが演じる白雪姫のラストシーンを劇の練習とも知らずに目撃したのび太は、顔を真っ赤にして嫉妬します クヨクヨ考え込むのび太に、ドラえもんはタイムマシンに乗って結婚式を見て

続きを見る

君は何を苦しまねばならないのか?

2014/11/20 | 恋愛

失恋した女の子が 公園で泣いていました 一人の哲学者が 慰める事はせずに笑って言った 「君は自分を愛してくれない人を 一人失ったにすぎない しかし 彼は自分を

続きを見る

親と一緒にいられる時間

2014/11/19 | ちょっといい話

20年(親の残された寿命) ×6日間(1年間に会う日数) ×11時間(家で一緒にいる時間) =1320時間 つまり、あなたが親と一緒に過ごせる日数は あと、55日間しかな

続きを見る

赤ちゃんの気持ち

2014/11/19 | ちょっといい話

あなたは、いまどんな気持ちでしょうか。 生まれる直前まで、赤ちゃんは可愛くて、いつでも無条件で愛せるものだと信じていたことでしょう。 生まれてきた赤ちゃんを前にして、優しい気持ちで過ごせ

続きを見る

来年はお前がサンタさんだな…

2014/11/18 | 泣ける話

6歳の娘が クリスマスの数日前から 欲しいものを手紙に書いて 窓際に置いておいたから、 早速何が欲しいのかなぁと 夫とキティちゃんの便箋を 破らないようにして 手紙を覗いてみたら、 こ

続きを見る

子 に込められた想い

2014/11/18 | ちょっといい話

女の子の名前でよく見る「子」という字には ただ単に子供の「子」ではなく、 「一」(はじめ)から「了」(おわり)まで、 自分の人生を全うできるように。 という意味が込められている

続きを見る

家族って英語で、familyて書くでしょ。

2014/11/17 | 魔法の言葉

Fはfather Aはand Mはmother ilyは I Love Youの頭文字とってるんだって。 家族を大切にしようね。 本当の語源ではないのであしからず(笑)

続きを見る

批判的な人と付き合うと、自分も批判的になります。

2014/11/13 | 魔法の言葉

批判的な人と付き合うと、自分も批判的になります。 幸せな人たちと付き合うと、幸せについて学ぶでしょう。 だらしない人たちと付き合うと、 自分の生活もだらしくなくなるのです。 熱

続きを見る

好きになるのも自分

2014/11/13 | 魔法の言葉

好きになるのも自分。 嫌いになるのも自分。 頑張るのも自分。 頑張らないのも自分。 行動を起こすかどうかを 決めるのは自分だけ。 そこに他人の意志はない。 続けた

続きを見る

痛みを少しでも忘れられるように

2014/11/11 | 感動する話

重い関節炎にかかった愛犬を抱え毎日 湖に行く男性  動物を飼うということ。 その成長を見守り、一緒に生活をする。 これはとても幸せな時間だ。 しかし、彼らはいつまでも赤ちゃんじ

続きを見る

元上司に言われた、忘れられない言葉

2014/11/11 | 感動する話

「仕事とプライベートで 同時に重要な問題が起きたら、 プライベートを優先しなさい。 君がどれだけ優秀でも、 仕事では君の代わりはいる。 でも、プライベートで 君の代

続きを見る

あずさからのメッセージ

2014/11/09 | 泣ける話

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、 多数の子から殴ったり蹴られたりして亡くなるという 痛ましい事件が起きました。 それを知った時、私は障がい児を持った親として、 また一人の教員として

続きを見る

アンパンマンが許さないこと

2014/11/08 | 感動する話

アンパンマンは 「バイキンマンは悪い奴だ!  許さないぞ!」 とは言わない。 アンパンマンが言うのは 「あ!バイキンマン!  またイタズラしたな!許さないぞ!」だ。

続きを見る

ご臨終です

2014/11/07 | 魔法の言葉

病院で人が亡くなった時、 医者が「ご臨終です」と言うが、 死んだ人はそれが聞こえてるらしい。 人は死ぬとき、 聴覚が一番最後まで残っている。 だから自分の親が死ぬときは、

続きを見る

もうすぐ死を迎える飼い犬のつぶやき

2014/11/06 | 泣ける話

おかーさん。 なんでボクだけ、ハダカんぼうやったん? おかーさん。 なんでボクだけ、シッポついてたん? おかーさん。 なんでボクだけ、おててつかんとあるけへんかったん? おかー

続きを見る

爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」

2014/11/05 | 感動する話

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると 世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたんだ でレポーターが現地の案内の人のおっさんに話しかけてると突然爺ちゃんが 「あいつ!○○だ!

続きを見る

AD googleアドセンス

AD googleアドセンス

「すぐツライと言うのは、ほんとはツラくないんだよ」その言葉忘れない。

大好きだったじぃちゃんが亡くなりました。 私は、小さい時からよく

【騙された花嫁】しかしその真実とは?

本当の親ではないパパと、騙されたその娘の結婚式。 騙された花嫁と

【実話】「他に男できたから別れよ!」…彼女に突如別れを告げられた俺に一本の電話が…(感動する話)【漫画動画】

「彼氏に心配かけたくなくて迷惑かけたくない」という気持ち と

嫌いな母親の顔の傷の秘密。もっとキレイなお母さんが良かったのに。

大嫌いな母親には大きな傷が。 それが母親を嫌いな原因。なんでそん

反抗期のまま10年過ぎてしまった少年と母親の物語

【泣ける話】優秀な息子が突如不良に...更生を祈り続けた母...(感動

→もっと見る


PAGE TOP ↑